暮らしのプロパンガス都市ガス比較をして生活に活かす

普段の暮らしには欠かせないガスですが、プロパンガス都市ガス比較をしてどのような違いがあるのか確認してみましょう。

まず挙げられる点がその原料や性質の違いです。都市ガスはメタンを原料とし、-162℃まで冷やすと液体に変化します。一方でプロパンガスの場合は、プロパンやブタンを原料とした液化石油ガスで-42℃まで冷却すると液体になります。そして重量の違いもあり、空気よりも軽いのが都市ガスで逆に空気よりも重いのがプロパンガスの特徴です。

一般的に都市ガスはガス導管を通じて、プロパンガスはガスボンベを通じて供給されています。生活や暮らしの中におけるガスの使用はコンロや暖房機器などが挙げられますが、その熱量もそれぞれで異なります。プロパンガス都市ガス比較で見るとプロパンは1㎥あたりで約24000キロカロリーで、都市ガスは約11000キロカロリーですので2倍以上の差がある事が言えます。

暮らしにおいて使用する火力が違いますが、その基本料金や1㎥あたりの従量料金はプロパンガスの方が高くなっています。ガスボンベで供給している事もあり、災害時の復旧はプロパンガスの方が早いというメリットが挙げられます。生活をしていく際では都市ガスの方が料金が安いという点がメリットとされていますので、料金面で安くしたい方は転居時などの物件選びの場合に確認する事が必要です。プロパンガス都市ガス比較を紹介してきましたが、それぞれにメリットがありますので生活する際に利用しやすい方を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *