プロパンガスと都市ガスを比較!生活費の差は?

プロパンガスと都市ガスを比較したサイトはいくつか見つかりますが、あくまで参考程度にしておきましょう。

なぜなら、地域や会社によって料金は異なるからです。都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金なので会社によって大きな差があるのです。生活費にどれくらいの差がでるのかは、地域によっても大きく異なります。

北海道や東北ではガス代が高額になるイメージですが、実はそうでもないです。なぜなら、北海道や東北ではお風呂を沸かす時にガスではなく灯油を使うことが多いからです。東京などのエリアではプロパンガスと都市ガスで1万円以上の差が開くことも珍しくありません。都市ガスで月額1万円を超すことはあまりないですが、プロパンガスでは一人暮らしでも月々のガス料金が1万円を超えることがあります。

生活費で月額1万円の差ができると考えた場合、年間で12万円です。10年では120万円もの差ができることになるので、とても大きな問題ですね。そうなってくると契約しているガス会社を変更したほうがいいでしょう。このように、月々の生活費で考えるとたいしたことがなくても、10年・20年サイクルで考えると老後の資金が100万円単位で変わってきます。

早い段階で適正なガス会社に変更しておくことで、そうしなかった場合に比べて老後の余裕が全く変わってくるかもしれません。冬に毎日お風呂に入る人など、ガスを頻繁に使う人は本当に1万円以上の差ができることもあるので、結構重要な問題ですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *