プロパンガスと都市ガスの生活

プロパンガスと都市ガスの違いをご存知でしょうか。

何となくわかっているつもりでも、いざどう違うと聞かれると言葉に詰まる事も多く、意外に違いを理解していないという現実を目の当たりにします。生活をしていく上でガスは必要不可欠といっても過言ではありません。二つの違いを理解し、メリットなどを知っておきましょう。都市ガスは原料をメタンを主成分とする天然ガスで、空気よりも軽いです。

-162度に冷却すると液体に体積が600分の1にまで小さくなる性質があります。供給方法は気化したものを導管ネットワークを通じて家庭に提供されています。対するプロパンガスは、プロパンやブタンを主成分とするガスで、液化石油ガスです。-42度に冷却すると液体になり体積が250分の1にまで小さくなります。供給方法は液体のままボンベに詰めて運び、これを気体にして利用しています。こちらは空気よりも重い性質があります。都市ガスは空気より軽いので、室内で漏れ出した際には上昇し天井部にたまりますが、窓を開ける事で大気中に放出する事が出来ます。

プロパンガスは空気より重い為、室内で漏れた際には床面に広がり低い場所にたまります。その場合は窓を開けて箒でガスを掃き出すようにしましょう。こういった違いがある事から、警報器をつける位置も異なります。生活において一番肝心な違いといえば、ガス料金の違いではないでしょうか。プロパンガスは都市ガスに比べると料金が高いといわれています。ですが、災害時の復旧速度は都市ガスよりも早く、安全性が確認出来れば再開してよいとされています。ガスのない生活は不便ですし、一刻も早く復旧するのは心強いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *