生活を豊かにしてくれるプロパンガスと都市ガスの違い

プロパンガスと都市ガスは生活を豊かにしてくれるものです。

料理やお風呂など、日常生活では欠かせないものです。両者は同じガスではありますが、主成分がまず違います。プロパンガスはプロパンとブタンが主成分の液化石油ガスです。都市ガスは主成分がメタンの天然ガスです。このほか、供給方法も異なります。

プロパンガスはマイナス42度まで冷却すると、液体に変わります。液体に変わると体積が250分の1になり、この液体化したガスに圧力を加えるとさらに体積を縮小可能です。この体積を小さくした液体状のガスをボンベで、各家庭へ届けます。都市ガスはマイナス162度に冷やすと、体積が600分の1の液体になるガスです。

この体積の小さくなった液体の状態で輸入して基地のタンクに貯蔵しておきます。そして、気化と熱量調整をしたのちに導管ネットワークで各家庭へと供給されています。プロパンガスはこのように、運送でボンベを各家庭へと届ける方式なので災害時に強いのが特徴です。地震などで導管ネットワークが切断されると、都市ガスの場合は復旧に時間がかかります。

導管ネットワークが切断されたままでは、料理やお風呂にガスが使えないため生活はとても不便です。しかしプロパンガスならこの点、心強いです。ボンベから供給する方式なので、ボンベがあればガスを使用できます。都市部から離れた導管ネットワークが整備されていない地域では、生活に必要不可欠なものにとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *