入居前にプロパンガス相場を知っておきましょう

新しく住宅を求める時考えることになるものに、ガスの配管があります。

ガスは都市ガスを使うことが一般的とされていますが、都市ガスの他にもプロパンガスを使うと言った方法も考えられることになります。都市ガスとプロパンガスの大きな違いは、供給方法です。都市ガスはガスの配管が通っていることが前提となりますが、利用料金は安く設定させることになります。また安全性が高いと言う理由もあり、一般の新築住宅には積極的に使われるようになっています。

これに対しプロパンガスは、都市ガスの配管が通っていない地域を専門的に供給すると共に、新たにプロパンガスを希望するお客様への提供することが一般的です。両方のガスにはメリットデメリットがあり、都市ガスは設置するまでの費用が高くなることから、賃貸物件では避けられる傾向にあります。また熱量が低いこともあり食事を提供するようなお店には、適しない場合もあります。これに対しプロパンガスは、プロパンガス相場があり価格変動が大きくなります。

供給地に問題が発生してしまうと、プロパンガス相場が上がってしまい、簡単に価格が高騰してしまう場合が考えられます。プロパンガス相場は、都市ガス価格の約1.5倍から1.6倍ほどになっています。熱量が欲しいと言う人以外は、都市ガス料金の方が安くなる傾向にありますが、賃貸物件の場合には個人が販売会社を決めることが出来ません。大家さんと掛け合うしかありませんので、入居前に注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *