輸入価格の下落に準じ無いプロパンガスの料金と相場

プロパンガスは、明瞭かつ公正な都市ガスの料金システムに比べて不明瞭かつ不当である事から消費者の不満やトラブルが非常に多いガスエネルギーであり、相場も地域や住居形態によって大きく異なる問題の多いエネルギー業界です。

従量単価の適正価格は、1立方メートルあたり280円程度で最も安い関東地方に対して、北海道は1立方メートルあたり480円と関東地方よりも200円も高額なのが現状です。その為、安いとされる愛知県や三重県でも10立方メートルを使用した場合には請求額が7、250円となり、東邦ガスの請求額2、650円よりも4、600円も高額となっています。また、愛知県知多郡のプロパンガスの賃貸物件では8立方メートルの使用で請求額が7、000円と非常に高く、ガス業者の選択権の無い賃貸物件入居者をターゲットに都市ガスの従量単価の3倍以上の料金相場で請求していると問題となっているのが現状です。背景には、プロパンガスの従量単価の変更の際に都市ガスの様に経済産業省に届け出をする必要が無く、変更の妥当性や値上げ幅の合理性が問われる事が無い点にあります。

その為、業者は輸入価格や為替が上昇した時を値上げの好機と迅速に値上げの通告する事から相場は上昇し続けていますが、2019年3月1日現在輸入価格は490円と2014年の半額以下であるプロパンガス業界の強い一面を実証しています。その為、今後も料金の値上げが繰り返され、相場は確実に上昇します。プロパンガスは、明瞭かつ公正な都市ガスの料金システムに比べて不明瞭かつ不当である事から消費者の不満やトラブルが非常に多いガスエネルギーであり、相場も地域や住居形態によって大きく異なる問題の多いエネルギー業界です。

従量単価の適正価格は、1立方メートルあたり280円程度で最も安い関東地方に対して、北海道は1立方メートルあたり480円と関東地方よりも200円も高額なのが現状です。その為、安いとされる愛知県や三重県でも10立方メートルを使用した場合には請求額が7、250円となり、東邦ガスの請求額2、650円よりも4、600円も高額となっています。また、愛知県知多郡のプロパンガスの賃貸物件では8立方メートルの使用で請求額が7、000円と非常に高く、ガス業者の選択権の無い賃貸物件入居者をターゲットに都市ガスの従量単価の3倍以上の料金相場で請求していると問題となっているのが現状です。

背景には、プロパンガスの従量単価の変更の際に都市ガスの様に経済産業省に届け出をする必要が無く、変更の妥当性や値上げ幅の合理性が問われる事が無い点にあります。その為、業者は輸入価格や為替が上昇した時を値上げの好機と迅速に値上げの通告する事から相場は上昇し続けていますが、2019年3月1日現在輸入価格は490円と2014年の半額以下であるプロパンガス業界の強い一面を実証しています。その為、今後も料金の値上げが繰り返され、相場は確実に上昇します。
プロパンガスの料金相場のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *