オフィスレイアウトのデザイン

会社を引っ越した時、新社屋を建てた時などは、一からオフィスレイアウトを考える必要があります。一般の家で家具の配置を決めるのとは訳が違い、予め設計図を作った上で配置していかなければ後々大変になります。その理由としては、まずオフィスには重たい物が多いという事です。一般家庭の家具で重みのある物と言えば、ソファーやベッドなどですが、これは男性の力であれば簡単に動かす事が出来るでしょう。

しかしオフィスには、複合機や棚があり、机一つにしてもスチール製の物を使うところが多いのでかなりの重さになるでしょう。さらに、棚や机にはたくさんの書類を詰め込むわけですから、一度配置を決めて使い始めると余程の事がなければ動かせないのではないでしょうか。こういった後々のリスクを考えると前もってしっかりとオフィスレイアウトを考えておく事は重要事項と言えます。一般の人は設計士やコーディネーターでもありませんから、大きなオフィスのレイアウトを考えるのは難しく、社員がたくさんいれば人によってのデザインの好みがあるのでトラブルになる可能性もあります。

ここで活躍するのがオフィスレイアウトを請け負ってくれる業者です。什器の販売会社がまとめて行ってくれる場合もあります。まず使いやすさを重視して、机の並べ方まで細かくデザインしていきます。さらにコンセントや電話線など、複雑な配線を問題なく使えるようにデザインしてくれますから安心です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.