オフィスレイアウトとデザインコンセプト

オフィスレイアウトのデザインを考える場合、機能的なレイアウトで開放的とするか、落ち着いた感じとするか、会社のイメージを出すといったことでデザインは変わってきます。特にエントランス部分は会社のイメージを出すことでより良いイメージを来客者へ伝えることもできます。そうすることで商談をする場合も会社のイメージを説明しやすいこととその雰囲気が伝わることにもつながります。オフィスレイアウトを考え直す場合はスタッフが快適に仕事ができるようにデザインすることです。

1日のなかでもほとんどの時間を過ごすことにもなり、作業の効率性やモチベーションを維持できるようなオフィスレイアウトを考えます。また人同士のコミュニケーションや情報伝達を考えて効率性もよくなるようにします。デザイン面では落ち着いた雰囲気とするか明るく開放的とするか光や色の使い方や仕切りの高さなど検討することが大切です。オフィスではコミュニケーションを重視するところが多くあります。

また仕事の効率を考えて集中できるように配置するのも方法なのです。またオフィスレイアウトを考える上で大切なポイントとして、ゆとりがあるということや息抜きができるようなスペースを取り入れることも大切です。しかしスペースは限られているのでうまく配置する必要があります。このようにより仕事がしやすい環境をつくってスタッフの能力が発揮しやすいように考えることが大切です。

無駄なスペースがないか見直し機能的なオフィスレイアウトのデザインを目指すといいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.