オフィスレイアウトをする際はデザインを慎重に

オフィスレイアウトと言われてもピンとくる方は少ないのではないでしょうか。オフィスと言うと、壁紙が白く窓ガラスがいくつかあり、広い空間にデスクと椅子がずらりと並んでいるイメージを思い浮かべる方はいらっしゃるはずです。しかし、最近はそう言ったイメージと異なるデザイン性溢れるオフィスが主流になってきています。例えば、一人ひとりのデスクはあるものの、限られた空間ではなく隣の人との区切りがなく自然と交流を持てるデザインがあげられます。

以前までには考えられなかったソファーを置いたりと落ち着いた雰囲気をオフィスレイアウトに取り入れるところもあります。また、オフィスの雰囲気作りにもこだわりが見られます。例えば照明です。照明の光の具合により、視力や能率の低下又は健康への影響も懸念されます。

蛍光灯のカバーがない露出された光では、パソコンのディスプレイに映り込んでしまい画面が見えにくくなります。目の不快感や視力低下・疲労を引き起こす原因となる為、蛍光灯などの光源に拡散パネルやルーバーなどを取り付けてまぶしさを軽減する方法があります。このような健康面にも配慮したオフィスレイアウトもあげられます。壁紙に関しても、視覚的効果を活用し木目調の茶系で統一し心を落ち着かせリラックスした状態で仕事ができるような配慮も見られます。

このように、最近はただ仕事をすると言うだけでなく、社員同士が交流をかわしやすくかつ落ち着いたデザイン作りをするオフィスが増えつつあります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.