オフィスレイアウトデザインで能率向上だ!

オフィスレイアウトを変えることで、仕事の能率向上を目指せます。企業によりますが、日本で最も多く採用されているのが同向式レイアウトです。学校の教室や銀行の受付窓口に似ていて、縦横に整然とデスクを配置し、前方向を向かって整列したオフィスレイアウトです。上司のデスクを向かい合う形で配置することが多くなっていて、会計業務などの定められた業務に向いており、上司の目が行き届きやすいというメリットが有りますが、創造性や面積の有効利用という点で課題があります。

より創造的な職場に向いているのが、対向式レイアウトや卍型に配置した卍式のオフィスレイアウトです。向かい合ったデスクの周りに仕切りを設けることでパーソナルスペースが生まれるので、デザインや設計、企画など、自分一人のスペースで考えることの多いクリエイティブな職場に採用されています。一つの部署に複数の業務を担うチームを配置するオフィスレイアウトデザインなら、背面型が効率的です。チーム同士のデスクを密着させる対向式ですがコミュニケーションを取れます。

別のチームも同じようにデスクを密着させ向き合うため、チーム同士が背を向けあったデザインになります。様々なデザインのオフィスレイアウトがありますが、重要なのはデザインそのものよりも機能性です。対向式はコミュニケーションを取るのに向いていますし、同向式レイアウトは上司の指示や確認を頻繁に求める職場に向いています。創造力を求められる職場には、目線を遮る仕切りを置くことでパーソナルスペースを設けると能率が上がります。

また対向式レイアウトは面積を有効に活用できるので、無駄なく社員を配置できます。パーソナルスペースを設けながらコミュニケーションも可能にするなら、テトラポットのようにデスクを配置するリンク式がおすすめです。スチールラックのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.