様々なオフィスレイアウトデザイン

仕事内容に応じたオフィスレイアウトが、業務効率の改善に貢献します。そのため、同じ企業内であっても部署によってオフィスレイアウトが異なることはむしろ良いことなのです。具体的には、銀行の受付窓口でよく採用されている同向式レイアウトがあります。カウンターに向かってずらりと縦横一列整列しており、来客者を確認できる、通路を確保しやすい、上司の目が届きやすいというメリットが有ります。

グループワークに向いているのが対向式レイアウトです。デスクを対向させる形で密着させ、社員同士が向き合うように座ります、デスクの境界に仕切りを設けることで目線が気にならないように配慮も可能ですし、小さな面積に多くのデスクが配置できるというメリットがあります。左右対向式レイアウトは、道ですれ違うようにデスクを配置します。デスクの境に仕切りを置くことで、パーソナルスペースが持てるので、設計やデザインなどクリエイティブな職場に採用される傾向があります。

この3つが、主なオフィスレイアウトデザインです。これ以外にも、左右対向式レイアウトを改良した卍型、港湾にあるテトラポットのような形をしたリンク式、互いに背を向けあって座る背面型、長椅子のように横長にデスクを配置し、対面式にデスクを配置するフリーアドレス式などがあります。最も変わったレイアウトデザインが風水型でしょう。方位や気の流れ、色を重視する風水位に基づいたオフィスレイアウトで、デスクや冷蔵庫の配置など全てに意味があります。

仕事内容やオフィス面積にあわせた様々なオフィスレイアウトがあるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.