オフィスレイアウトのデザインについて

オフィスを移転したり、限られたオフィス空間で執務を行っている場合レイアウトが悪いとどうしても作業効率が落ちて来ます。効率の悪い執務空間で長らく実務を続けていると精神的にもストレスが溜まって来たりするもので上司もこの状態をキャッチして早めに気づくべきです。このような場合には社員の意見も取り入れて思いきってレイアウトの専門家などに相談するとか、社内においてある程度研究することでアイデアも生まれるものです。一般に1人当たりに必要とされる作業空間は約6平米とされています。

又、天井高が2.1メートルなど低いと圧迫感を感じるもので最低2.6メートルの天井高は必要とされています。オフィスレイアウトを進めるには個人の空間を大切にする執務形態と、コミュニケーションをとることが必要とされる執務形態があります。前者の場合はパーティションで区分けするとか、後者の場合は連続的につないで席も融通性を持たせることも出来ます。特に後者の場合であれば、備品類を共有化することで余分なスペースを取らずまとまりやすいとされています。

パーティションを用いる場合にはある程度の高さを設定していないと、低すぎると落ち着きのない空間になる可能性もあります。オフィスレイアウトデザインのサービス業者に依頼すると、まず現在の利用j状況を調査し、目的や要望に従って設計に取り掛かります。動線計画やゾーニング、デスクレイアウト、間仕切り、収納その他の配置を計画します。レイアウト図面から透視図を立ちあげ、高さのチェックを行います。

それからインテリア部分や色彩調整を行い依頼者にプレゼンテーションを行います。手直しなどを行って確認した後実施設計に入ります。仕様などを決定して工事費用も産出されます。施工に入り管理が行われます。

最近のオフィスレイアウトデザインでは省スペースに配慮されたデザインが求められるようになって来ています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.