動画制作を受注する場合の注意

顧客から依頼を受けて動画制作をする場合には、顧客の要求を十分に把握しこれにあったものを制作する事はもちろんですが、加えて使用する技術についても十分に考慮し顧客に不快感を与えないようにすることが重要な要素となります。動画制作を行う人は高い技術を持っているばかりでなく、その技術を駆使して最高のものを提供したいと考えるケースが多くなっており、場合によっては過剰な演出をする傾向が少なくありませんが、顧客の依頼を受けて行う場合にはこれが顧客に不快感を与えてしまうこともあるので注意をすることが重要です。顧客が動画制作を依頼する場合には一般的にその仕上がりについて具体的に指示をすることは多くありません。出来上がったサンプルを見て評価をすることが多いため、そのサンプルにより不快感を与えてしまうとその場で契約を打ち切られてしまうことも多いのです。

そのため事前に顧客が求める映像のイメージを把握することが重要です。顧客が求めるイメージを把握するためにはこれまでその顧客が依頼して作成した他の動画を確認し、その傾向を掴むことが最も有効な方法となります。利用されている技術や映像の特性などを分析し、基本的にその方向性に従うことで顧客のニーズを潜在的に把握した動画制作を行うことができるばかりでなく、顧客の好む動画制作を行い評価を得ることにつながるのです。自分自身の技術を利用することも重要ですが、依頼を受ける場合には顧客の好みを充分にくみとることが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする