動画制作で気を付けること

最近では個人でも手軽に動画制作ができるようになっています。スマートフォンやデジカメなどの電子デバイスの普及が1つの理由です。また、インターネットにつながったパソコンがあれば手軽に無料の動画編集ソフトが手に入り、使い方を解説したサイトも簡単に検索できるということも理由です。ここでは素人が動画制作をするときに気を付けるべきポイントを紹介します。

1つ目はカメラの準備です。初心者は最初から高価なカメラを購入せず、初心者向けのカメラを購入しましょう。綺麗な動画を撮影したいと解像度が高いカメラを最初から買ってしまう人がいますが、実際にSNSなどにのせてみると綺麗な動画を撮ったからといってそれほどアクセスが集まらないことに気が付くでしょう。逆に画質が悪くても面白い動画ならアクセスが集まりやすいです。

あとからそのことに気が付いて、高額なカメラを買うんじゃなかったと後悔しても遅いです。動画制作で気を付けること2つ目は、時間帯や天候。夜間や天気が悪い日の撮影は素人には難しいです。天気が良い日には、逆光に気をつけましょう。

また、長時間の撮影をするときには時間がかかりすぎて日没になってしまうことに注意しましょう。まるで明るさが違う不自然な動画になってしまいます。最後に、赤の他人が写らないように注意をしながら撮影をすることです。許可を得ていない他人が写っている動画を公開すると肖像権侵害になる可能性があります。

せっかく良い動画を撮れても公開できなければ残念な思いをすることになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする