映像制作の知られざる過程

映像を制作する目的は団体や個人で様々ですが、映像制作会社に概要を説明をして依頼をかけるところから始まるのが一般的です。まず自分で映像の制作を行ううえで目的を設定します。この時に映像作ろうと思った動機や背景をより具体的に記録しておくことをオススメします。自分でまとめたアイディアを持ちより映像制作会社との打ち合わせに入ります。

制作会社は企画としてあなたのアイディアを扱います。担当者に着地点となるゴールやコンセプトを明確に伝えましょう。この段階での双方の認識が映像のクオリティを決定するといっても過言ではありません。制作会社はスケジュールや映像制作費用などその他に必要なスタッフ、キャストの手配を含めた見積書を提案してきます。

素人や映像制作が未経験という方には難しいと思いますが製作費の中には編集費や撮影費意外にも聞き慣れない名称の費用が記載されていることに簡単に了承しがちですが、お金に関する詳細や契約は注意深く確認し、不明なことは問い合わせしましょう。トラブルを招く原因になります。企画内容や見積り内容を確認し問題がなければ契約書にサインをして、発注をかける段階に移ります。撮影や編集がある映像が完成するまでに長い期間を要する場合もあります。

また映像を制作するだけなら直接的には関係ないかしれませんが、制作された映像が商業的なものであったりする場合は著作権や権利の知識を身につけておくのも有効的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする