初心者でも簡単に映像制作をする方法

まず映像制作に必要な物は、ビデオカメラやデジカメやスマートフォンなどのビデオ映像を撮影・録画できる機能がある物・撮影した動画ファイル・PC・Windowsに標準装備されている「WindowsLiveムービーメーカー」・著作権フリーで配布されているBGMです。映像制作に欠かせない動画編集ソフトの「WindowsLiveムービーメーカー」は装備されていなくても、マイクロソフトのWebサイトから無料でダウンロードすることができます。操作も簡単で、オリジナルのDVDを作ったり、作った動画を動画投稿サイトやSNSに投稿することもできるので大変便利です。BGMは無くても大丈夫ですが、使用するとよりクオリティの高い映像制作をすることができます。

動画制作のやり方は、まず動画を撮影し保存します。保存した動画ファイルをPCに転送します。保存先はデスクトップに保存すると見つけやいです。WindowsLiveムービーメーカーを開き、先程撮影した動画ファイルをムービーメーカー内にドラッグ&ドロップします。

不要な映像部分をカットして必要な所だけ残したり、カットした前後の映像がスムーズな流れになっているかなどを確認しながら編集していきます。BGMを付けたい場合は、音声ファイルをドラッグ&ドロップしムービーメーカー内に取り込みます。ここまでできたら動画を保存します。この映像制作した状態を残したい場合は、「プロジェクトの保存」を選択します。

プロジェクトの保存をしておくと、エラーでムービーメーカーが落ちてしまった時や後日編集し直したいという時などにこの続きから作業することができます。動画サイトに投稿したり、1つの動画として再生したい場合の動画を保存するには、「ムービーの保存」で動画の書き出しをします。書き出しが完了したら完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする