映像制作における日本と海外の違い

TV業界での映像制作でかかる費用などや人を使うにはどのようにされているのか?ということをみなさんは疑問に思われてるかたが多いと思います。TVなどでの映像を流すには基本的には何百万という費用がかかると言われています。では、映画ではどうなのでしょう?映画での制作費用は日本ではメジャー作品では1億からと言われてます。ですが、海外では最低10億からと言われています。

なぜそんなに費用差があるかというと、制作におけるキャスティングであったり物をどれだけ使う。そして、どこのスタジオをつかうかによって多いに費用が掛かってきます。それに比べて、日本での映像制作はいかにローコストでいい作品を作るかと言う事を重点的においています。日本は費用をかけず利益に重視するところが見られるところが大きくわかるところですね。

なので、日本と海外での映像制作ではいかにいい物を出す為にどこに出資するかがわかります。それと同時に技術の差でも出てきます。日本ではいかにローコストでもいい映画というのは多いと思います。日本はIT技術は他の海外に比べると最先端を行っています。

なので、ローコストでもいい映画を作れるというのがあります。それと同時にアニメーションなどの技術も優れている為、海外ではその技術を提供して欲しいとの依頼で日本人が海外に出向き制作を手伝っている事もあります。アニメ映画などでは、特に日本人は優れています。それはなぜかというと日本人は色彩感知能力がすぐれているからです。

あとは、バラエティーにもとんでいるので日本のアニメでの映像制作も優れていると言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする