映像求人に応募する時に必要な事

映像に関わる仕事がしたいと思ってはみたものの、自分には映像に関する知識や技術がないと思っている方もいると思います。映像に関わる仕事は、知識や技術が必要な求人だけではありませんので、悲観的にならず根気強く探していくべきです。もちろん、知識や技術がある事にこした事はありません。それは、働きながら身につけていけば良いのです。

映像求人には、種類がたくさんあります。カメラマンや編集、テレビ局のAD、それにブライダルカメラマンも映像の仕事です。たくさんある種類の中から、自分に出来そう、且つ興味があるもので未経験者歓迎の求人に応募すれば良いのです。未経験歓迎の映像求人を見つけて応募する時、未経験歓迎だからといって何もしなくても良いわけではありません。

応募する職種の仕事内容や注意しなければならない事を事前に調査し、自分の中でよくイメージしておく事が重要です。この企業に対する調査やイメージがよく出来ていない状態では、履歴書も上手く書けないですし面接でも受け答えが、しどろもどろになってしまいます。自分が興味を持った映像求人であれば、その職種に必要な事や疑問に思った事をノートなどに書き留めておきましょう。次に、応募する企業の評価を確認しておきましょう。

「給与が支払われない」「休みが全く無い」などのネガティブな情報が多くみられるようであれば、応募を見送るか面接時に直接聞いてみましょう。重要なのは事前に調べておく事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする