映像制作会社は実写、アニメ、CGを効果的に使う

映像制作には実写、アニメ、CGなど多彩な手法がありますが、商品やサービスに応じて使い分けることで、親しみやすくしたり、魅力を感じてもらうことができます。例えば、飲食品ならやはり実写がおすすめです。実際の人物が商品を見た時の目の輝き、頬ばる時の表情、香りを嗅いだ時の高揚感、商品そのものをおいしく見せるには、実写以上の方法はないでしょう。実写を使うときは、リアルな描写を重視することが多くなっています。

実際のサービスはこんな感じです、といえるような内容にすることで、見ている方がイメージが湧きやすくなります。同じ食品でも、厳選された原料や管理体制、製造工程、配送小売までを実写映像にアニメやCGを交えると、わかりやすいすですい、親しみやすくなります。アニメを使うときには、エンターテイメント性が加わるため、お金や金利など難しい話をわかりやすくできるので、映像制作会社も多く利用しています。また、キャラクターであれば、小さなお子さんでも受け入れやすいため、小さなお子さんを持つかファミリー向けの広告制作に有効です。

「あるあるネタ」を加えて、共感を持てもらうという手法有効です。未来的な都市や生活を表現するならCGがうってつけです。映像制作会社の中にはCGに強みを持つところもあります。CGであれば、現実にはない世界を表現できるため、ゲーム業界や建設業界などに利用されています。

映像制作会社は、実写、アニメ、CGなど多様な手段を効果的に使うことで美味しいものをよりおいしく、難しい物をわかりやすく伝えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする