アイデアだけでない マーケティング重視の映像制作会社

映像制作会社のなかには、マーケティング設計に力を入れるところもあります。コンサル型の映像制作により、費用対効果を上昇させ用という狙いがあり、商品サービスを熟知することを重視しています。商品サービスを熟知することで得られるメリットは、商品が必要とされる場面や場所、ターゲットとなる消費者を鮮明に映し出せることです。商品やサービスの市場調査や競合他社の商品サービスを分析し、企業や商品サービスが置かれている状況を客観的に把握することで、アイデアに至る根拠を示すことができます。

消費者のニーズ、関連サービスの需要、新規顧客開拓や会社紹介、新商品の広告、商品テコ入れの広告など目的を明確にすることで、よそにはない強みや特長を活かした映像制作を提案が特徴です。マーケティング重視な映像制作会社は、広告代理店を通さない、直接取引する割合が多くなっています。そのメリットとして、広告代理店により紹介料や中抜きがなくなるので、大幅なコストダウンが期待できます。これ以外に、直接的に商談したり相談できるため、企画や価格に対して柔軟に対応できるというメリットが有ります。

限られた広報宣伝予算を効果的に使えるので、顧客のリピートも多くなります。また、営業コスト削減に加えて、マーケティングの制度も増していきます。一般的には映像制作会社といえば、アイデア勝負やインパクトの有る映像制作や迫力あるCG映像と考えがちですが、現在では、多角的なマーケティングを駆使することでより、効果的な映像制作を目指しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする