映像求人の募集傾向について

映像求人は、映像を制作したりあるいは映像を編集したうえで一つの作品に仕上げることを目的にした仕事の求人です。映像求人にはミュージックビデオ・CM・会社の紹介・教習所で見てもらう各種映像・ウェディング用の記念動画など様々な映像を制作する仕事が存在します。もう少し具体的に仕事内容を書いていくと、カメラマンが現場において撮影した映像を見た上で、作品の中にストーリー性を入れたりあるいは構成を考えながら素材の1コマ1コマをつなぎ合わせていくことによって1つの映像作品を作ることを目的としています。そのため、現場での撮影に立ち会うことも多く中にはカメラマンのアシスタント業務を行うこともあります。

マスコミ関係や結婚式関係の企業ではこうした映像制作および編集の仕事は多くなります。専門職に分類されるため、あまり募集しても求人が集まってくるわけではありません。ただこうした映像クリエイターや編集の求人需要は高まってきている分野もあります。クリエイティブデザイナーはその代表といえます。

近年においては求人広告などを制作する案件が増加傾向にあります。そのため、魅力的な広告を制作できるスキルを持っているひとは優遇される傾向にあります。異業種でも参加することはできますが、即戦力の人材は求められる傾向にあることは以前から変わっていません。主にデザインの知識のほかPhotoshopおよびillustratorなどのソフトを扱うスキルや各種プログラミング言語を理解し、総合的にWEBコンテンツの制作ができる人材であれば映像求人に応募して面接で受かりやすくなります。

前職にデザイン制作などの経験があれば未経験でもかなり有利になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする