映像制作の見積もりに関して

映像制作の見積もりは会社によってかなり違ってくる場合があります。具体例として数十万で出来るものや数百万の見積もりを出される場合もあります。しかしこれは前者が良心的で後者がぼったくりなわけではありません。映像制作をきちんと行ってくれるという点では全く違いがありません。

ここで出てくる違いというのは映像の質という点に集約されてきます。非常に凝ったものかそれほどでもないものかという違いといってもいいかもしれません。安く制作していく場合は見積もりを出した場合に含まれないものが多いのです。しかし依頼者によっては必要のない場合もありますからどういった映像を制作して欲しいのかきちんと計画を立てておく必要があります。

まず大事になってくるのがお客様の目的とそれをどのように満たしていくのかという点です。しかし作業者側はもっといいものをと考えている場合もあり、その隔たりを埋めていく事が大事になってきます。大事な事は綿密に打ち合わせを行っていく事です。きちんと打ち合わせを行うことによって隔たり部分を埋めていく事が出来るようになります。

まずは映像制作を依頼したい会社を数社選んでいくらで仕事をしてもらえるのか比較していく事です。比較してやってもらえることや、やれない事をきちんと確認して同条件ではどうなのかの比較も重要になってきます。また実績を比較してイメージに近いものをつくってもらえるかや、日程に無理がないかなど細かい部分もチェックする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする